• ホーム
  • 教育
  • 【2018年度自由を生き抜く実践知大賞】記念品制作意図

【2018年度自由を生き抜く実践知大賞】記念品制作意図

2018年度ブランディング推進チーム 半妙 宏一

  • 2019年8月23日 掲載
  • コラム・エッセイ

大賞受賞者に授与する記念品は、ブランディング推進チームのメンバーが2018 年6 月から検討を開始し、約半年の紆余曲折を経て決定しました。

えこぴょんの特大ぬいぐるみは、学内に数体しか存在しない限定品で、全長約70cm、胸には校章と「自由を生き抜く実践知大賞」の金文字が刺しゅうされた特製の襷たすきがかけられています。

クリスタル・トロフィーは、校章とえこぴょんの立体デザイン彫刻が施された、世界に一つだけのトロフィーです。ダイヤモンド部分には大賞に輝いた取り組みの名称を記したリボンを装着して、これから代々受け継がれていく予定です。

今回大賞を受賞した「法政グローバルデイ実行委員会」へ授与された記念品は、賞状とともにグローバル教育センターに飾られ、イベント時には記念撮影などで人気を博しています。

関連リンク: 2018年度「自由を生き抜く実践知大賞」表彰式を開催しました

3次元えこぴょんが彫刻されたクリスタル・トロフィー

ページトップへ