• ホーム
  • 教育
  • 2019年度「自由を生き抜く実践知大賞」表彰式 ノミネート実践事例 発表

2019年度「自由を生き抜く実践知大賞」表彰式 ノミネート実践事例 発表

  • 2019年12月3日 掲載
  • ニュース・イベント
  • 取組み

第3回目となる、「自由を生き抜く実践知大賞」表彰式を開催いたします。今年度は学生・教職員から18件のエントリーがあり、下表の10件がノミネートとなりました。

表彰式ではノミネートされた皆様をご招待し、田中優子総長の最終選考により決定した大賞をはじめ、各賞の発表および表彰をいたします。また、受賞者から受賞の喜びとともに実践事例をご紹介いただきます。表彰式終了後には、受賞者とノミネート者をお招きして懇親会を実施いたします。

なお、表彰式はノミネートされた皆様だけでなく、どなたでも自由に見学いただけますので、ぜひご参加ください。

2019年度「自由を生き抜く実践知大賞」表彰式             ・表彰式日時:2019年12月21日(土)15時30分~17時00分        ・会場:市ケ谷キャンパスボアソナード・タワー26階スカイホール     

■2019年度「自由を生き抜く実践知大賞」ノミネート一覧
各実践概要はこちらからご確認いただけます

      実践主体      実践事例名称

生命科学部

法政大学植物医科学センター

新聞学会・市ヶ谷ボランティア
センター学生スタッフ

法政大学新聞1041号
「特集 バリアフリー調査」

第二中・高等学校

「健康・安全講習会」実践
 ~H2 BLSE (Basic Life Support Education)~

情報科学部

ガラス箱オフィスアワーセンター(GBC)

2019年度 課題解決型フィールドワークfor SDGs
集中講義 受講生グループ

大学キャンパスでの避難生活デザインワーク
〜豊かさと包摂性を追求した避難生活〜

経営学部 / 第二中・高等学校

『高校生の経営学』出版プロジェクト

スポーツフェスティバル
学生実行委員会

スポーツフェスティバル

学生センター厚生課、学生RA

法政大学学生寮 RA
(レジデントアシスタント)

日本語教育プログラム(JLP)
学生スタッフ

日本語教育プログラム(JLP)
学生スタッフのボランティア活動

国際高校

PASS(The Program “Your Awareness Saves Society”)

ページトップへ